浮気と不倫の違いはどこにあるのかな

一時的な気の迷いかどうか

 「魔が差した」という言葉があるように、タイミングなどが重なって、たまたましてしまったのが浮気であり、その後も親密な関係に発展していくことが不倫であるという意見があるようですが。

それまでと同じ関係に戻るかどうか

 一時的な気の迷いである浮気は、いずれ連絡をとることがなくなり、関係が消滅するかもしれませんが、不倫は家庭環境を壊す可能性が高いものであるという認識があるように思われます。

一時的な逃避行かどうか

 別の相手と遊んでいても、ちゃんと帰るべきところがあるとわきまえているのが浮気。今の環境を顧みず、そのまま相手と関係が発展し、子どもや配偶者とも別れるといった、大切な何かを失う可能性を、不倫は秘めているという見解もあるようです。

被害範囲と程度の違いもあるようですが

 どちらも第三者を巻き込む可能性は大きいとは思いますが、巻き込んだ相手とどんな被害を巻き起こすかの程度による違いと言えます。不倫の場合は裁判沙汰になるケースが多いと思われます。

短期で終わるか長期に続くかの違いもあります。

これも人によりけりの気はしますが、イメージ的には「浅く短く」が浮気、「深く長く」が不倫といった感じでしょうか。

配偶者に対する配慮の違いはどのような物でしょうか

基本的に婚姻関係にある場合が不倫とされているので、浮気に限って言えば配偶者の有無は関係なさそうですが、「気の迷い」「短期の関係」「関係が修復する」ということも考えると、最後に恋人(配偶者)を選ぶのが浮気、婚姻関係をやめてでも続けるのが不倫といえます。

関係継続の可能性があるかどうかはどのようなばあいでしょか

謝れば許されるという考えはどうかとは思いますが、関係継続の可能性が高いのは浮気の方で、離婚するのか愛人を選ぶのかを迫られ、慰謝料まで請求される可能性が高いのが不倫と言えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA