浮気の原因は

浮気の原因はどこにあるのかな

浮気をする原因には、気の迷いなどといったいわゆる遊びで行っている場合と、パートナーへの愛情がなくなってしまい浮気相手に気持ちが移る場合の2つのパターンがあります。
男性の場合、好きな女性が自分の物になったと分かると安心をして浮気をする場合が多く、女性はパートナーへのストレスから浮気をする場合が多いです。
男女問わず、パートナーに不満があると浮気をする原因となる場合もあるでしょう。
浮気をする原因を知る事によって、自分自身の行動や関係を変えて行くことにも繋がります。

異性として見てもらえない

一緒に居る時間が長くなると、互いを異性として意識する瞬間が少なくなって行きます。
愛されたい気持ちや、異性として大切にされたいという感情から、男性として立ててくれる女性や女性として大切に接してくれる男性に対して好意を抱く事に繋がるのです。
年齢を重ねても、男性は自尊心を傷つけれらることを嫌がり、女性は美しさなどを認めてもらいたいもの。
そのため、子供がいる家庭で「お父さん」「お母さん」としか呼ばない場合、寂しさを募らせて浮気をしてしまうケースがあります。
年齢を重ねた人ほど、浮気をするケースが多くなります。
パートナーの横柄な態度に何十年も耐えてきたため、残りの人生を好きな人と過ごしたいという思いから、浮気をする場合があるのです。
また、子供が成人をしたタイミングや社会人になったタイミングなど、人生の転機を待って浮気をする場合もあります。
趣味などに時間を使うようになると、浮気相手と出会ってしまう事も多いため、年齢に関係なく浮気に発展することはあると考えておきましょう。
異性として見てもらえていないと感じるきっかけとして、スキンシップや夜の夫婦生活がなくなるというものがあります。
性的な欲求から、浮気をするというケースは非常に多いです。
スキンシップによって愛情を感じる事ができるため、夜の夫婦生活だけではなく日常的なスキンシップもなくなってしまうと愛情を感じられません。
寂しさや不安から浮気をしてしまうという流れになります。
パートナーに対して愛情がある場合でも、様々な欲求が解消できない事によって浮気相手との間で解消するという場合があるのです。
男性の場合、男性ホルモンの分泌がピークを迎えるのが10~20代です。
女性の場合、女性ホルモンの分泌がピークとなるのは30~40代であるといわれています。
同年代のパートナーである場合、男性が仕事に追われる30~40代の間に、女性はスキンシップを求める傾向があるのです。
男性は仕事の疲れや体力低下などで性欲が減退し、スキンシップや夜の夫婦生活がなくなって行きます。
そのため、30~40代の女性は浮気によってストレスを解消するケースが多いのです。
自分は気分が乗らないときであっても、相手が求めてきた場合には優しく対応しましょう。
また、日ごろから感謝の気持ちを伝え合うなど、「居て当たり前」「仕事や家事はやって当たり前」という気持ちを改める事が重要です。
素っ気ない態度は、愛情がないと判断され浮気の原因となります。

耐えられない部分がある

偉そうな態度や暴力、束縛や金銭感覚が合わない、家事や子育てを行わないなど、パートナーとして相手に不満がある場合には浮気の原因となります。
特に、長年同じ家庭で生活をする夫婦の場合、耐えられない部分を改善しない場合には莫大なストレスが溜まるものです。
家の外に癒しを求めたり、ストレスを解消するために浮気をするケースがあります。
交際を始めた当初や結婚したばかりの頃であれば耐える事ができたことも、長年の積み重ねで大きな問題となる場合は多いです。
お互いに耐えられないと感じる部分について改めて話し合いたくても、時間を設けない、反論するばかりで改善する気持ちがないという場合は、浮気の原因となります。
この様な態度によって不満は溜まり、人間として嫌悪感を抱く段階にまで発展する場合もあるのです。
家に帰りたくない、帰ってきてほしくないなど、関係の修復ができないほど悪化する場合もあります。
また、パートナーの浮気が原因で浮気をするとケースも珍しくはありません。
浮気をされると、様々な感情の中に悔しい気持ちも生まれます。
これまでは目を向ける事のなかった職場や古くからの友人などといった周囲の異性を、はっきりと’異性’として意識することに繋がるのです。
意識をした相手とデートを重ねるようなことになれば、浮気に発展します。

浮気の原因は人それぞれ

異性として扱われない場合や、長年の生活で耐えられない部分がある場合など、浮気をする原因は沢山あります。
女性が浮気をする原因として多いのは、姑などパートナーの親族との不仲によるものもあるのです。
不仲であるというだけではなく、パートナーが関心を示さず仲介してもらう事ができないなどというケースもあります。
旦那の実家に帰省する際など、帰省先でも家事を全て押し付けるなどという場合もあります。
家政婦の様に扱われることで自信を失い、浮気の原因となるでしょう。
穏やかな日常は幸せなものですが、刺激が欲しくなってしまい浮気をするケースも多いです。
浮気は刺激的なものであるため、一度浮気をしてしまうと止める事ができなくなるというケースも珍しくはありません。
見合い結婚の場合や、交際人数が少ない人は、他の異性とも恋愛したいと感じて行動を起こすことがあります。
このケースで様々な異性と浮気をすると、改めてパートナーの良さを感じて浮気を止める場合もありますが、浮気相手の元に行ったままになるという場合があるため注意が必要です。
パートナーとの共通の趣味がない場合、趣味を通じて知り合った異性と過ごす時間が楽しいと感じると、浮気の原因となります。
仕事でフォローをしてもらったり、パートナーとの仲が険悪になった際に相談に乗ってもらった時など、一時的に身近な異性が魅力的に見えた場合や、お酒の勢いなども浮気の原因、きっかけになるでしょう。

浮気する人の心情

当然ですが、浮気は罪深い行為です。
浮気をする事によって、パートナーだけではなくその家族まで傷つける可能性があります。
浮気などしないに越した事はありません。
これらの事は当然分かっているのにも関わらず、なぜ浮気をしてしまうのでしょうか。

性欲を発散させたいだけ

浮気をする人の心情には、下心があります。
先にも述べた通り、ホルモンバランスの関係もありますが、男女関係なく下心によって浮気をするケースは多いです。
魅力的な異性と出会ってしまうとかかわりを持ちたいと感じる事は男女共通ですが、中には浮気相手に対して好意がない場合であっても浮気をする場合があります。
本能的な理由や、パートナーの態度について不満がある場合などです。
女性が浮気をする場合、浮気相手に愛情が移っているケースが多いと考えられます。
本能云々という話がありますが、結果として’単純に自分の欲求を満たしたい’という点に変わりはありません。
特に性欲の部分では、浮気をしていなくても身体の関係がなくなってしまい、別れるカップルや夫婦は多いです。
一度拒否をされてしまうと誘いにくくなる、傷付きたくないなどという理由から性欲を発散できず、浮気をしてしまうという場合があります。
しかし、この場合はあくまでも性欲を発散するための浮気であるため、気持ちが入っていません。
浮気相手との関係も長続きしないため、浮気がバレにくく、バレた場合も再犯の可能性が低いでしょう。
そのため、性欲を発散させるためだけの浮気は1人の相手に対して1回だけというケースが多いです。
近年、スマートフォンアプリの普及で出会い系アプリなども手軽に利用することができます。
1度きりの浮気相手を見つけるために最適であり、手軽さからのめり込む場合も多いのです。
メールや無料通話アプリなどとは異なり、パートナーにスマートフォンを見られても気付かれない場合もあります。
出会う相手は赤の他人であり、共通の友人や知人もいないことから、非常にバレにくい浮気の方法です。
好意を抱く事もないため、気楽に浮気ができてしまいます。
性欲を発散させるだけの浮気として、出会い系アプリで浮気相手探しを続ける人も多いでしょう。

現実逃避
現在、自分が抱えているトラブルや精神的な苦痛から一時的に逃れるために浮気をしてしまいます。
仕事や、家庭での立場など、様々なストレスから解放されるために浮気をするのです。
家族に対してはいえない悩みや癒しなどを求めているケースです。
あくまでも現実逃避であり、いずれ現実と向き合わなければいけないと分かった状態で浮気をします。
そのため、浮気相手との関係は継続しないことも特徴です。
また、結婚をしていると、自分の存在価値が分からなくなる瞬間があるでしょう。
仕事、家事、育児などに追われ、それらが当然の事となり感謝されることもなくなります。
自分自信の価値が分からなくなってしまう事があるものです。
特に既婚男性に多いケースとして、家庭に居場所がなくなっていると感じる場合があります。
育児に没頭する奥さんや、子供の物で埋め尽くされていく家に帰ることが苦痛になるのです。
空虚な気持ちや寂しさを埋めるため、嘘であっても自分を認めてくれる言動を見せる相手に癒しを求める事があるのです。
また、ストレスが溜まっている場合には、ストレス解消の方法として浮気をするケースもあります。
ストレス発散のためにお酒を飲みに行った際など、いわゆる’酔った勢い’は浮気の原因として非常に多いパターンです。
勢いの浮気は一度きりのケースが多いものの、パートナーがお酒に弱い場合には注意が必要でしょう。
パートナーとケンカをしていたり、話し合いが平行線になっているなど、関係が気まずい状態の場合に癒しを求めて浮気をしたくなる人も居ます。
相談に乗ってもらった異性の友人と親密になり、浮気をする原因となる場合もあります。
無意識に落ち着く場所を求めてしまうケースです。
パートナーとの仲が元に戻ると、浮気をしなくなるという特徴もあります。
あくまでも一時的な気の迷いで行われるケースであるといえるでしょう。
現実逃避の場合、長く一緒に居るほど起こりやすくなります。

刺激が欲しいと感じる毎日同じ生活サイクルを繰り返していると、退屈であると感じる事があります。
様々な方法でストレスを発散できたとしても、刺激が欲しいと感じると浮気をしてしまうのです。
バレたらすべてを失う、自分は悪いことをしているという感情が刺激となり、浮気を繰り返すケースです。
浮気をする心情として、’つい浮気をしてしまった’というケースは多いでしょう。
魅力的な相手が現れて気持ちが揺らいだり、パートナーに不満があるわけではないのにも関わらず浮気をしてしまうのです。
偶然異性と2人きりになった、昔の恋人と再会したなど、浮気をするための条件が揃ってしまい、浮気をしてしまいます。
偶然してしまった浮気であっても、継続した浮気に繋がるケースは多いです。
偶然から発展する浮気は刺激も強く、バレるまで止める事ができないという心情の人も多いでしょう。
忙しく無趣味な場合や、目標のない毎日を過ごしている人は、異性との関わり以外で刺激を受ける事がありません。
この場合、肉体関係を持たないという気持ちの浮気もあります。
肉体関係を持たなくても、食事を楽しんでいる、連絡を取り合っているだけで’浮気’判断する人も多いでしょう。
そのため、どこからを浮気とするのか、パートナーとの間で共通の認識を持っておくことが重要です。
誤解や、考え方の違いによる衝突を避ける事に繋がります。
これらの理由で衝突してしまうと、肉体関係を持った浮気に発展し、浮気相手との関係が深くなってしまう場合もあります。

浮気される原因はどこにあるのでしょうか

浮気をされやすい人と、浮気をされにくい人がいるといわれています。
これまで交際したパートナーにも浮気をされてきたという場合、浮気をされやすい人である可能性が高いです。
浮気をされる場合、もともとの性格に原因があるケースも多いでしょう。
パートナーからの愛情を感じる事ができると、他の人に愛情を求める事は無くなります。
そのため、愛情表現をしていないという場合には注意が必要です。
素っ気ない態度やスキンシップもなく、相手に興味がないような態度を取っていると、一緒に居る意味がないと感じてしまいます。
優しく接してくれる異性や、自分に好意を寄せて愛情表現をしてくれる異性に惹かれ、浮気をされてしまうでしょう。
恥ずかしいと感じる場合であっても、言葉や態度で愛情表現をする事は大切です。
他にも、何をする場合にもパートナーの意見を聞き、自分の意思が無い人、自分の価値観を押し付ける、見下すような態度をとる場合なども、浮気をされる原因になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA