探偵・調査業
不倫関係にある男女は

浮気や不倫に関連した法律


不貞行為とは

法律用語で民法第770条第1項第1号

に定められている離婚原因のひとつであり

裁判などによると不貞行為の定義は

 

「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて

配偶者以外の異性と性的関係を持つ事」

 

となっております。

 


日本の法律上、肉体関係(性的交渉)があった場合の

 

浮気や不倫は「不貞行為」(貞操義務の不履行)という。

 

不貞行為は

夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない

義務に反する行為である。

 

一度きりの肉体関係(性的交渉)も不貞行為とされるが

離婚理由になるには

反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。

 

男女間の密会が肉体関係(性的交渉)を伴わない場合は

「不貞行為」にはなりません。 

 


「不貞行為」(貞操義務の不履行)の詳細

① 夫婦がお互いに他の異性と

性的交渉を持たない義務に反する行為である。 


② 一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが

離婚理由になるには反復的に不貞行為を

行っていることが必要とされる。 


③ 男女間の密会が肉体関係(性的交渉)

を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。 



民法 第770条について

 

夫婦の一方は、以下の場合に限り

離婚の訴えを提起することができると

言う事で次の行為があったときに

適用になるかもしれません。

 


 ①配偶者に不貞な行為があったとき。

 ②配偶者から悪意で遺棄されたとき。

 ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

 ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

 ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

 

裁判所は、前項第1号から第4号までに

掲げる事由がある場合であっても

一切の事情を考慮して

婚姻の継続を相当と認めるときは

離婚の請求を棄却する事が出来る。

 


不貞行為とみなされない状況

離婚をする事が前提で夫婦が別居をしている場合。

夫婦関係が破綻し、双方合意の上で別居をしている場合。

夫婦関係が破綻し、双方合意の上で家庭内別居をしている場合。

 

以上の場合には

配偶者が異性と肉体関係を持ったとしても

不貞行為とはみなされません

しかし別居をする以前から浮気や不倫をしていた場合には

不貞行為とみなされます。

 


肉体関係の無い浮気などは

法律上の不貞行為にはなりません

配偶者が異性と食事やデートをしたり

メールや電話でやりとりをしていたとしても

肉体関係が無い場合、不貞行為とはみなされません。

 



離婚が認められる不貞行為

裁判で離婚が認められる不貞行為については

一度だけの不貞行為でなく反復した

不貞行為が必要とされる事が多いようです。

 

すなわち、たった一度でも浮気や不倫は、不貞行為になるが

 

裁判で離婚を請求する場合には

継続的に浮気や不倫をしている方が

離婚を認められやすいという事になります。

 

 

ただし、たった一度きりの浮気や不倫でも

その事が原因で婚姻関係が破綻に至ったのであると

判断される場合には離婚が認められる事もあるようです。



浮気をした配偶者からの離婚請求が認められる場合もあります

 

浮気や不倫をした者(有責配偶者)から

 

離婚を請求することができる場合もあります。

 

自ら夫婦関係の破綻の原因を作った

責任のある配偶者からの離婚請求であっても

以下のような場合に認められることがあります。

 

有責配偶者からの離婚請求は、以前は認められていませんでしたが

 

最近は、別居期間が相当長いこと

未成熟の子どもがいないこと

 

相手が社会的、精神的、経済的に

 

過酷な状況におかれないことなどを要件として

 

有責配偶者からの離婚請求が認められるケース等もあります。

 

詳しくは、法律の専門家などにご相談されるのが良いかと思われます。 


離婚届けを勝手に提出されない為の不受理申し出

 


離婚届を勝手に提出されてしまう可能性がある場合には

 

本籍地、又は住所地の市区町村役場に

離婚届不受理申出書を提出しましょう。

早急に不受理の手続きをする必要がある場合には

 

本籍地の市区町村役場に離婚届不受理申出書を

提出するほうが良いです。

 

離婚届不受理申出書は

市区町村役場の戸籍係に備え付けられています。

 

浮気や不倫の証拠について

浮気や不倫の場合は

証拠となるのは、探偵や興信所などに依頼して

実施をした調査報告書

 

不貞行為が推認出来るような浮気の事実である

行動を記載しその状況を撮影した写真等が揃っている報告書

はもちろん重要な証拠ですが

それ以外にも浮気を裏付けるメールや手紙

写真(画像データも含む)日記

会話を録音したテープなどもこれまでに

証拠として採用されている例もある

 

普段からの証拠収集とそれらの証拠以外にも

とにかく浮気の事実の裏付けになるようなものであれば

重要な証拠にはならなくとも

裁判などでも有利に進める為に

利用できる場合がある事もあります。

 

 

ご自分でも色々な証拠を収集されてみてはいかがでしょうか

 

常日頃の行動を観察してメモみたいな日記を書くとか

に気づいたことを日時を忘れずに毎日綴っていくよう

 

にして下さいきっと色々なことに気づくことができて

証拠を積み重ねていくことが出来るはずです。

焦らずに取り組むようにすると良い結果があるでしょう。



不倫や浮気の証拠で特に有効なもの

①探偵や興信所などの調査会社の報告書。

浮気や不倫(不貞行為)を推認できる内容が記載されているもの。

 


②浮気や不倫(不貞行為)を推認できる内容の写真やビデオ。

具体的に言うとラブホテルに二人が

出入りをしている写真やビデオです。

 

③浮気や不倫(不貞行為)を認定できる

内容のメールの交信記録やメモ類や手紙等



証拠収集に役立つアイテム


デジカメ ICレコーダー

デジカメは様々な証拠品に向けてシャッターを押すだけで

資料として残してくれますので便利です。

 

ダイアリーやシステムノートなどの手帳や日記帳なども

日時と共に些細な情報などでも気づいた時に

 

簡単に記入して残しておけるので便利です。

自分で出来る不倫や浮気の証拠収集


自分で出来る不倫や浮気の証拠収集で

簡単な方法とは言えば

 

ご自分で実施する証拠収集については

必要以上に慎重に実施する事が重要です。

男女の浮気の原因はどこにあるのかな
尾行と張込み調査の違いは
不倫の現場を目撃した時はどうする
男が浮気をする理由心理とは
男女の浮気パターンをみぬくには
浮気中の行動パターンと浮気を見抜く方法
恋愛~婚活・結婚まで